人探しを興信所に依頼した場合の料金について

人探しの方法はいくつかあります。
自力で探す方法、人探しのプロである興信所や探偵社に依頼する方法、法律のプロである弁護士、司法書士、行政書士に依頼する方法などです。
一番料金がかからない方法が自力で探す方法です。

 

戸籍や住民票などを取り寄せ、聞き込みをしながら探し出す事になります。
お金はあまりかかりませんが時間が大変かかりますし、確実に探し出す事は難しいでしょう。
一方、法律のプロである弁護士などに依頼すると戸籍や住民票などの取り寄せによって調査はしますが、聞き取り等の調査が必要になると探偵社などに依頼するケースもあります。

 

一番確実に人探しを行ってくれるのはやはり興信所や探偵社でしょう。
戸籍や住民票を取り寄せての調査の他に聞き込みなど色々な手段を用いて探してくれます。
ただし、依頼料金が発生します。

 

各探偵社などによって違いはありますが、人件費、車両代金、撮影機材など含めて1時間15,000円〜25,000円程かかります。
中には悪徳業者もいて法外な請求をするところもあるそうです。
依頼する時は十分に気をつけて依頼しましょう。

 


Warning: file(http://www.amieproject.com/l-cntrol/tt001/link/31): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/sark258/public_html/www.marekon.org/index.html on line 71

無料相談を行っているところもありますので、是非利用してみて下さい。

 

結婚調査の中での人探しについて

結婚調査において人探しをおこなう場合があります。結婚相手の素性として、出身地、勤務地、収入などを考慮する場合は、本人自身を調査すれば済むことですが、探そうとする相手としては、結婚相手の親ということになります。例えば、存命でありながら親の所在がわからない場合などがこれにあたります。探し出して、離ればなれになってしまった事情を確認するということよりも、結婚の報告をしたいという思いからの人探しになります。

 

これは、結婚するもの同士が望むことでもあります。もちろん、決別した事情によっては、二度と再会することはないという絶縁状態の場合もあります。ただ、たとえそうだとしても、結婚という新たな人生の門出においては、どのような親であっても祝福してほしいものでもあります。結婚を機会に、久方ぶりの再会を実現させることは、親子の復縁を期する以上に、結婚するもの同士の絆を深めることにつながります。

 

すなわち、お互いの関係の中に隠し事がなくざっくばらんな関係であることこそが、良好な結婚生活を築き上げることが出来ます。幸せを届ける人捜しであれば、大変喜ばしいことです。生みの親に限らず、出来るだけ多くの親類、縁者が知って欲しいニュースが結婚でもあります。

高齢者の失踪の特徴について

高齢者の失踪は、認知症が影響している事がある。この病を患っている場合、脳には問題はあるが、内臓や体力面には問題がない事が多いので、失踪した場所からかなり離れた所で発見される事が少なくないです。そのため、人探しに多くの時間を費やしてしまうため、警察の支援を求める場合があります。
長期間の人探しの末、本人を発見したため、家族や福祉施設職員といった捜索者は、本人に対して感情的に接してしまいがちです。しかし、そのような接し方を行った場合、気持ちの萎縮や精神的なストレスで病がさらに悪化する可能性があります。怪我の心配をする等相手が安心感を持つ事ができる言葉がけを行う事が大切です。

 

失踪という行為には、必ず何らかの意図があります。高齢者は、昔の活動を思い出したり、若い頃から長年にわたって住み慣れた地域、自宅で生活をしたいという強い思いが働いて、そのような行為に出ます。

 

このような行為を予防するためには、相手に対して家族や福祉施設の職員が、本人とのコミュニケーションから、興味のある事柄や長所を発見し、それらの行為に集中してもらうようにします。また、地域や施設内の見守り体制を充実させます。
失踪には意図があります。言語コミュニケーション、非言語コミュニケーションを通じてその意図を把握する事が大切です。

更新履歴